忍者ブログ

佐崎司と愉快な仲間達

ゲーム、アニメ、CG、iOS開発など思いついたことを記事にしています。 管理人が3人いますので、記事にまとまりはないと思います。 iPhoneアプリのレビュー依頼も受け付けています。

HTC U11でのアイマスやミリシタを快適にプレイする方法等_その②?

結構間が空いてしまいましたが
こんばんは佐崎です(゚д゚)


HTC U11 (auではHTV33、softbankでは601HTの名前で販売中)について、
前回はゲーム動作について書かせていただきましたが、
今回は音に関する皆様が悩む件について軽く書こうと思います。
記事書き始めてから「内容がタイトルに合ってない感」パないですが気にしたら負けかなと思います(゚ω゚)


スマホで音ゲーするにはオーディオ出力系も気になるところ(*‘ω‘ *)
そこでHTC U11の最大の欠点とも言えるのが
「オーディオ端子が無い」
点…

左:付属ケーブル 中央、右:OTG対応変換アダプタ

もともと今回の機種は
「イヤホン使うなら無線か付属ケーブルで」
という仕様ですが、音ゲーをするにあたって無線は音ズレの調整が厄介なのと、
付属ケーブルも一見替えが利かない感じなのが困りもの。
付属のケーブルは「DAC(D/A変換)対応」対応している特殊なケーブルの為、
人によっては何かあった際や予備、代用品探しに困るかと思います。

こういう時は「OTG(USBでの機器接続の規格)対応の変換アダプタ(上部画像参照)+USB DAC機器」での代用や強化が可能です。
DACの機器によっては比較的安価でtrebleやbassを弄れるものも多いので、
折角のtype-cですので、デジタル出力を有効に活用した音楽・音ゲーライフを楽しみたいところですね(*‘ω‘ *)





ということで接続例(*‘ω‘ *)
OTG対応のtype-c→microUSBメスへ変換を使用し、そこにスマホ向けUSB-DAC機器を接続。
今回は「EHP-CHP192」の例。
発売当時はイヤホン付きモデルで2万ぐらいしていた品ですが、
今ではアマゾンで検索したら4千円いかないぐらいで購入可能です(*‘ω‘ *)

スマホ購入時についてきているケーブルを使用するよりは、
音のザラつきが軽減されます(*‘ω‘ *)






接続例2。
家でガッツリ音ゲーをする場合はこちらを推奨したいところ
。基本は先ほどと同様ですが、パソコン向けのUSB-DACに対応した機器を接続。
OTG対応のtype-c→USBメスへの変換ののち、DACでtrebleやbassを調整、
あとはイヤホンやスピーカーに接続(゚ω゚)
これで快適な音ゲーライフを(*‘ω‘ *)



ただ一番の問題は「充電しながらオーディオ機器を刺せない」ということです。
ネット通販にて一見「type-c→充電+オーディオ出力」に変換するケーブルが多数見つかりますが
9割以上はHTC-U11には対応していません(゚д゚)
これについては先ほどからの話題に上がっている
「OTG」や「DAC機能」に対応していないことが原因となっております。
ただ、つい最近ようやくこの機種でも充電しながらオーディオ出力が可能なものが見つかったようなので、
詳しい内容は2chで見てください!(゚ω゚)



なんか微妙な内容になったな・・・w

拍手[1回]

PR