忍者ブログ

佐崎司と愉快な仲間達

ゲーム、アニメ、CG、iOS開発など思いついたことを記事にしています。 管理人が3人いますので、記事にまとまりはないと思います。 iPhoneアプリのレビュー依頼も受け付けています。

昔のゲームにかんして(セガサターン) その2

鉄仮面

 前回、ラングリッサーⅢのことを書きましたので、今回はラングリッサーⅣについて書こうと思います。



 絵師は当然ながらうるし原です。まぁ、ラングリッサーシリーズのもっとも特徴的なところですからね~、うるし原氏じゃないとラングリッサーじゃないとすら言えると思います。ゲーム性は大分変わって普通のSLGになりました。ルート分岐が三通りあり、途中からストーリーが結構変わるのが特徴ですね。

 前回同様豪華声優陣です。当時はわりと無名な声優さんでしたけど、今では人気声優の神谷裕史氏も出演しております。数年前に主役級の役を演じる神谷裕史氏を見て、アレ?もしかしてと思って、調べたらマクレーンさんだったのを覚えています。


 ストーリー、キャラ共にⅢ、Ⅳ、Ⅴのなかでは一番良かったと思います。まぁ、いい意味で腹の立つキャラも結構いました(笑)。味方の王様とか軍師なんですけど、凄まじく無能なうえに責任を他者に押し付けるという見事なクズっぷりでしたね~。現実にもそういう人はいますけどね。

 ストーリーは、身寄りの無い主人公を育ててくれた村が敵の襲撃を受け、義妹がさらわれ、主人公と義弟以外皆殺しにされるところから始まります。その後、妹を助けるために行動を開始して、二人の可愛い王女を助けてそのままその国に雇われて、妹を取り返すために敵と戦っていく感じの話だったと思います。よくある王道の話だとは思いますが面白かったですよ~。


 PSにも移植されたんで、PSアーカイブスでも売ってたと思いますから気になる人はやってみてくださいね~。

拍手[1回]

PR